Free shipping in Japan for purchases of 10,000 yen or more

さく乳を助けるアイテム『リル さく乳サポートブラ(ハンズフリー)』日本初上陸

アメリカのスタートアップ「Lilu」が開発した、ハンズフリーでのさく乳を助けるブラ「リル さく乳サポートブラ」が、8月1日の「母乳の日」にあわせ、日本に初上陸しました!

公式オンラインショップ「fermata store」六本木 New Stand Tokyo 店心斎橋パルコ Welpa 店 よりお求めいただけます。

『リル さく乳サポートブラ』について

お持ちのさく乳器と組み合わせてお使いいただくアイテムです。ブラの中の電動のクッションが、さく乳時にあなたの手の代わりになって乳房をやさしく圧迫してくれます。
クッションは、助産師やIBCLC資格所持者などの専門家が推奨する手の動きを研究して開発されました。

『リル さく乳サポートブラ』の特徴
✔ クッション:左右の乳房を同時に優しく圧迫します
✔ ハンズフリー:お手持ちのさく乳機を固定できます

胸が張って赤ちゃんがくわえにくい際に、事前にリルをお使いいただくこともできます。

【さく乳器との違い】
赤ちゃんが母乳を飲むときは、舌や唇、顔、体を使って乳房を吸ったり圧迫したりして、母乳の出を促すことがあります。
さく乳器は赤ちゃんの吸う動きを再現していますが、リルはさく乳する際のママの手の動きの代わりになります。
さく乳器の吸引機能とあわせてお使いいただくことで、効率の良いさく乳をサポートします。

【搾乳について】
さく乳は、母親が仕事に復帰した際や、外出しているときにも母乳をあげるためにストックしておくだけでなく、

・直接授乳することがつらいとき
・入院している赤ちゃんに母乳を届けるとき
・授乳後も胸の張りが楽にならないときのセルフケアとして
・継続的に母乳をつくるための刺激として

様々なシーンで求められることがあります。

さく乳サポートブラを開発した『Lilu』について

Lilu は、マサチューセッツ工科大学とペンシルベニア大学のエンジニア、Adriana と Sujay の2人によって立ち上げられました。

大学の研究室で出会った2人は、友人や同僚、教授達が搾乳に苦労している姿を目の当たりにしており、世界には、女性や母体の健康課題に対するイノベーションが欠けていることに気が付きました。

そして、より多くのママ達が母乳育児を達成できるよう、効率的に搾乳できる製品を世の中に提供すべく、Lilu として初めて開発した製品が、「リル さく乳サポートブラ」です。

「Lilu は、現代を生きるママ達が、ワークライフバランスを実現するだけでなく、イキイキとした生活を送れるようにすることを目指しています。それが、Lilu が親としての道のりを歩み始めた人をエンパワーメントする製品を手がける理由です。」

 

東京・大阪店では、実際に製品を手にとってご覧いただけます

サイズ感や仕様などをご確認いただきたい方はぜひ店頭までお越しくださいませ。