ご購入金額1万円以上で全国 送料無料

Brand Story by 明日 わたしは柿の木にのぼる

  • Q.

  • 会社のビジョンや理念を教えてください。

  • A.

  • しあわせ・笑顔・豊かさの循環

    眠ったままの地域資源を見つけ、価値あるものへ。
    地域と都市で、しあわせが循環する社会をつくります。

  • Q.

  • 起業のきっかけを教えてください。

  • A.

  • 東京都立川市で生まれ育った私が初めて福島県を旅したのは、国家公務員として働きはじめた2010年。その後、民間企業に転職し、地域活性化に関わるコンサルティングを行う中で、改めて福島県とのご縁に恵まれました。

    地域の方々の温かさ、土地に根付く文化、美味しい日本酒と料理など、知れば知るほど心を惹かれる福島県の魅力。それと同時に、まだ芽吹いていない数多くの地域資源の存在に気付いたのです。

    「ここは何もない土地だから」と仰る方は多いのですが、私にとっては素晴らしい実や花をつける種の宝庫。「活用の仕方次第で、価値あるものに育てられるはず」、そう感じた私は、福島県で地域商社の立ち上げを決意しました。

  • Q.

  • 解決したい問題を教えてください。

  • A.

  • ひとつは働く女性の健康問題です。男性社会の中でどうしても長時間労働や無理をしてしまいカンジダをはじめデリケートゾーンの病気にかかってしまう女性があまりにも多くいます。女性自身が自分の体調管理をしっかり行い、そして将来的には女性が働きやすい環境になるよう、尽力していきたいです。子供たちの時代により快適な未来が訪れますように。


    もうひとつは、福島県国見町の所得格差による子供たちの教育環境の違いです。農家の所得が低く、かつ、大家族であるため、子供たちに教育格差が生まれている現状があります。農家の所得を向上させ、持続可能な農業にしていくことで、地域の産業を守り、子供たちに平等な教育の機会を提供していきたいです。

  • Q.

  • 手がけている製品について簡単に教えてください。

  • A.

  • 福島県国見町の地域資源を活用した様々な製品を製造・販売しております。特に「明日 わたしは柿の木にのぼる」はわたし自身が社会人になって働いたり出産を経験する中でずっと社会の課題として認識していた女性の体調管理・健康問題にアプローチしたいと思い、3年かけて開発しました。自分自身がアトピーでアレルギー肌なので、オーガニックでシンプルな処方にしています。

  • Q.

  • あなたにとって “Femtech”(フェムテック)とは?

  • A.

  • 「女性の尊厳」です。

    1社ではアプローチが難しい社会課題に対して、皆様と連携してより良い社会にしていきたいです。

    この分野において、弊社に「競合」という概念はございません。各社が連携し、社会課題にアプローチしなければ解決できない分野だと認識しております。

  • Q.

  • What is your vision and mission?

  • A.

  • Creating a cycle of happiness, smile and passion.

    We strive to find hidden local resources and turn them into something valuable, aiming to build a society where happiness is circulated.

  • Q.

  • Why did you start the company?

  • A.

  • I first visited Fukushima prefecture in 2010 when I started working as a government official, and later when I changed my job and began my career as regional revitalization consultant, I had a chance to work with Fukushima again.

    As I came to know more about Fukushima and its culture, delicious meals and the warmth of the people, I was deeply fascinated. It was then that I noticed about the many local resources that have been slept upon. 

    Many people in Fukushima say that there is nothing in this land, but I believed the opposite. I thought that there must be a way to transform all the resources here into something valuable, and that’s why I started a regional trading company in Fukushima.

  • Q.

  • Tell us about the issues your company is trying to solve.

  • A.

  • ①Health problems of working women. Too many working women get vaginal diseases like candidiasis by working too long or pushing themselves too much in the male-dominant workplace. We want to help women keep track of their own health conditions and potentially support creating an environment where women can work without trouble. We hope to create a society more comfortable for future generations.

    ②Educational environment disparities of children due to income gaps in Kunimi-cho, Fukushima. Compared to other occupations, farmers have low income but have relatively large family members, which creates an inequality in children’s educational environment. We want to provide children with equal educational opportunities by creating sustainable agriculture to protect the local industry and raising the income of farmers.

  • Q.

  • Please give us a brief description of your products.

  • A.

  • We produce and sell many products that are made with local resources from Kunimi-cho, Fukushima. “Ashita Kaki” is a brand that I spent 3 years developing with the thought of wanting to approach women’s healthcare, based on my own experience of working and giving birth. I myself have atopic and allergic skin, so I used organic and simple formulas when making the products.

  • Q.

  • What does “femtech” mean to you?

  • A.

  • I believe it is the dignity of women. 

    I want to make society better by cooperating with other femtech companies and solving problems that we can tackle as a team. I feel that there is no such thing as ‘rival companies’ in this industry, because mutual effort of companies is crucial to solving problems surrounding female health.

明日 わたしは柿の木にのぼる 日本 / 2017

MIAI KOBAYASHI

全ての女性が生き生きと輝ける社会に

"1日の中で10秒でも、自分の体調やカラダを見つめ直すライフスタイルを作りたい"という想いから立ち上がったフェミニンケアブランド。

こだわりのつまったケアアイテムには柿から採れる成分を使用しています。

株式会社陽と人

Ashita Kaki Japan / 2017

Start cherishing yourself through our products.

A feminine care brand using ingredients from persimmon.

We make our products based on the thought that caring for your most delicate parts will lead to taking care of yourself, and ultimately to express yourself.

株式会社陽と人

明日 わたしは柿の木にのぼる

日本 / 2017

MIAI KOBAYASHI

全ての女性が生き生きと輝ける社会に

"1日の中で10秒でも、自分の体調やカラダを見つめ直すライフスタイルを作りたい"という想いから立ち上がったフェミニンケアブランド。

こだわりのつまったケアアイテムには柿から採れる成分を使用しています。

株式会社陽と人

Ashita Kaki

Japan / 2017

Start cherishing yourself through our products.

A feminine care brand using ingredients from persimmon.

We make our products based on the thought that caring for your most delicate parts will lead to taking care of yourself, and ultimately to express yourself.

株式会社陽と人

Shop Now

フェミニンオイル

#デリケートゾーンケア

#保湿オイル

Feminine Oil

#IntimateaAreaCare

#Moisturizing

フェミニンミスト

#デリケートゾーンケア

#リフレッシュミスト

Feminine Mist

#IntimateaAreaCare

#Refreshing

フェミニンミルク

#デリケートゾーンケア

#フレグランスミルク

Feminine Milk

#IntimateaAreaCare

#FragranceMilk