Free shipping in Japan for purchases of 10,000 yen or more

Lecture
&
Workshop

タイムテーブル(EN)

  • 10月14日(金)※ビジネスデー
  • 10月15日(土)
  • 10月16日(日)

10/14(金)のカンファレンスは、事前にお申し込みいただいた企業さまのみご参加いただけます。お問い合わせは info@hellofermata.com まで

Panel discussion

皆が満たされる人事施策は存在するか?〜企業におけるウェルビーイングとウェルネスが抱える矛盾〜

ウェルビーイングの形は人それぞれ。施策がうまくいかない原因には、ウェルビーイングとウェルネスの定義とそれらに対するソリューションをうまく使い分けられていないことがあるかもしれません。まずは参加者全員の目線合わせとして、ウェルビーイング、そしてウェルネスとはなにかあらためて確認すると共に、それぞれを達成するために個人が、そして企業が取りうるアクションと、その限界について考えます。

Aya Komaki

Sanrio Entertainment.CO.,LTD
Representative Director and President

1983年株式会社サンリオ入社。結婚退社、出産などを経てサンリオ関連会社にて仕事復帰。
2014年サンリオエンターテイメント顧問就任、2015年サンリオエンターテイメント取締役就任。2016年サンリオピューロランド館長就任、2019年6月より現職。
他に、松竹株式会社 社外取締役、子宮頸がん予防啓発活動「ハロースマイル(Hellosmile)」委員長、NPO法人ハロードリーム実行委員会代表理事、一般社団法人SDGsプラットフォーム代表理事。
東京都出身 東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。

Shinichiro Yasukawa

Great Journey LLC CEO

Founder and CEO, Great Journey LLC, the investment and consulting company in Social impact area.
A ex-Advisor to the Governor of the Tokyo Metropolitan Government and Osaka Pref.
An active member of telecommunication sector at both in the Tokyo and Chicago Office of McKinsey and Company.
A management member of Softbank Corp from 1999 to 2013, the head of the president office, the chief auditor of Nasdaq Japan, and the GM and corporate officer of Softbank Telecom and Softbank Mobile in charge of Enterprise Data.
Active in promotion of the concept of Femtech in the Japanese Government.

Makiko Shinoda

Yell Co., Ltd. Director

Director of Yell since 2020. An active speaker and a thought leader exploring why listening is crucial in today’s business environment. Also co-translated “You’re not listening: What You’re Missing and Why It Matters” by Kate Murphy and “The Alliance: Managing Talent in the Networked Age” by Reid Hoffman et al.
Previously was CFO of Hobonichi and led its IPO process. Prior to Hobonichi, held leadership positions at Novartis and Nestle after her experience at McKinsey.
MBA, Wharton School, University of Pennsylvania; MA in International Relations, SAIS, Johns Hopkins University; Bachelor of Economics, Keio University.

Panel discussion

最新ウェルネスソリューション 〜最低限から多様性へ〜

企業が取り組み得るウェルネス施策には、どんな選択肢があるでしょうか?健康診断など最低限の施策でよしとされていた時代は今は昔、入社先を選ぶ際にウェルネス面での会社からのサポートを求める候補者は少なくありません。多様性あふれる最新のソリューションを導入事例と共に学び、今後のプランニングの一助としていただきます。

Miwa Tanaka

Waris Co. Ltd. Co-Founder & Co-CEO

Miwa TANAKA was born in 1978. She graduated from Keio University, Faculty of Law, Department of Political Science, and joined Nikkei Home Publishing (now Nikkei BP) in 2001.
As an editorial writer, she was editor in charge of the magazine "Nikkei Woman". Through her interviews and surveys, she came into contact with more than 30,000 working women.
She left the company in 2012 to provide direct support for women to continue working actively. After working as a freelance writer and career counselor, in 2013, she co-founded Waris, a human resources agency that realizes diverse ways of living and working.
She is actively involved in matching freelance women with companies looking for top-quality staff and supporting the re-employment of women who have left the workforce. Waris currently has over 20,000 registered female professionals and 1800 client companies.
She also gives lectures and writes about freelancing, parallel careers, diversity, and other related topics.

Kento Hoshi

JobRainbow CEO

東京大学大学院情報学環教育部修了。Forbes 30 Under 30 Asia / JAPAN 選出。NBC OUT PRIDE 30に日本人として初めて選出。
D&I求人サイトを2016年にスタート。
これまでに上場企業を中心とし、500社以上のダイバーシティコンサルティングを実施。

Keiko Hamada

journalist

1989年に朝日新聞社に入社。99年からAERA編集部。副編集長などを経て、2014年からAERA編集長。
2017年3月末に朝日新聞社を退社後、世界12カ国で展開する経済オンラインメディアBusiness Insiderの日本版を統括編集長として立ち上げる。2020年末に退任し、フリーランスのジャーナリストに。2022年8月に一般社団法人デジタル・ジャーナリスト育成機構を設立。
「羽鳥慎一モーニングショー」「サンデーモーニング」のコメンテーターや、ダイバーシティなどについての講演多数。著書に『働く女子と罪悪感』『男性中心企業の終焉』(10月20日発売予定)。

Panel discussion

ゴールを社内に設定しない、 オンリーワンのウェルネス施策

具体的なアクションを取る際に立ちはだかるのが、社内承認。企業として取り組むべき優先課題が突然変更になったり、女性だけに向けた施策は難しいと上層部からの理解が得られなかったり、人事部の悩みは尽きません。本セッションでは、その障壁を乗り越えてきた他社事例を直接お伺いしながら、「ゴールを社内にとどめず、社会情勢を味方につけて説得する」、実践的な視野と論の広げ方を学びます。

YAGINUMA MASAKI

MUSEE PLATINUM Co., LTD. Manager

福島県生まれ。福島県の広告代理店での勤務を経て、2007年ミュゼグループに入社。
飲食事業の広報担当者として、ラーメンどっぷりの生活を5年ほど続けたのち、2015年よりミュゼグループ全体の広報責任者として従事。
CSR活動の一環として取組んでいるピンクリボン活動を通じて女性の健康課題を痛感し、ミュゼハッピープロジェクトの立ち上げや従業員のヘルスリテラシー向上の活動を行う。

Yuki Yamaguchi

Panasonic Connect Co., Ltd.
Vice President Chief Marketing Officer Design Officer Diversity, Equity & Inclusion Officer Corporate Culture Transformation Officer

Yuki Yamaguchi is in charge of Panasonic Connect’s marketing and design departments where she leads efforts to strengthen the company’s global marketing capability and transform its business and culture. Furthermore, as an executive in charge of promoting diversity in the company, she has lead activities for achieving 30% of women in management position, LGBTQ support, and men's 100% participation in the paternity leave program.
She also supports the evolution of marketing in Japan as chairman of the Digital Media Committee of the Japan Advertisers Association (JAA).

Ai Kawaguchi

NewsPicks, inc.
NewsPicks for WE, Editor in chief

昭和女子大学大学院文学研究科修士課程修了。
小学館クリエイティブ、ハフポスト日本版パートナースタジオ チーフ・クリエイティブ・ディレクター等を経て現職。スポンサードコンテンツ制作、メディアビジネス領域に従事。映画・海外ドラマや英米文学に関するコラム等を新聞、雑誌、Web等で執筆。
TBSラジオ放送番組審議会委員。

Workshop

最初に、本カンファレンスで何を得たいか、参加者それぞれで整理する時間を設けます。各セッションの質問パートにもぜひお役立てください。

Lia Camargo

Global Business Manager
fermata Inc.

日本、アメリカ、韓国、コロンビアにルーツを持つ東京人。米マサチューセッツ州の女子大学、ウェルズリー大学でWomens & Gender Studies(女性とジェンダー学)を専攻。特にSexual and Reproductive Health and Rights(性と生殖に関する健康と権利)とComprehensive Sexuality Education(包括的性教育)が興味分野。卒業後、CICというスタートアップ向けのコワーキングスペース運営会社に入社し、日系企業のボストン進出サポートプログラムを企画・運営。帰国後、株式会社ザ・サードアイ・コーポレーション入社。日本語特有表現や日本文化を熟知した中で、バイリンガルを生かし、英語コピーなどクリエイティブ表現を専門に翻訳を行っている。

Panel discussion

グローバルフェムテック市場を牽引するトップ起業家が見据える未来

業種やソリューションが多岐に渡るため、いまいち全体像の把握しづらいフェムテック市場。まずは、固定観念を打ち破っていただけるようなセッションをご用意しました。グローバル市場を牽引するフェムテック起業家の見据える事業展望から、フェムテック市場全体が導き得る未来の多様性を存分に学んでいただきます。

Keren Leshem

OCON Healthcare (オコン ヘルスケア) CEO

I’m currently the CEO and a Director/Board Member at OCON healthcare. An innovative women’s health company with a mission to introduce safer intrauterine drug-delivery technology to improve and impact women’s health and quality of life.
I’ve recently been invited to the World Economic Forum as a tech pioneer in our industry. Prior to OCON I served as VP Corporate Development at the European pharma company VISUfarma In addition I was a board member of a BioLight (TASE: BOLT) company: ViSci (which I previously headed as CEO) and a University lecturer in Marketing & Business English.
As the founder & CEO of ViSci Ltd (Licensed from NASDQ: AERI) & CEO of AOPharma, I successfully led Clinical, R&D and BD activities (FDA: 505(b)(2) & 510K) that included GMP Manufacturing, CMC, Regulatory & Clinical Operations) to achieve commercial status and MTAs (Material Transfer Agreements) including fund raising close to $80M in the various roles.
I currently sit on FemTech Lab’s admissions and advisory Board as well as LSX’s Advisory Board and I’m a Mentor at the 8400 Healthtech Network program.
I believe in strengthening women and I make sure to lead with passion, integrity and focus on my brilliant team of (mostly) women, service providers and customers. I make sure to donate my time and my earnings to and with women that are starting out their career path and those whom have made choices that require mentoring. I love what I do and I do what I love.
You can find my linkedin profile here: https://www.linkedin.com/in/keren-leshem

Eric Dy, PhD

Bloomlife (ブルームライフ) Co-founder & CEO

Eric Dy, PhD is co-founder and CEO of Bloomlife, a women’s health company designing remote prenatal care solutions to improve the health of women and babies.
Eric brings unique perspective on the opportunities and challenges in emerging healthcare technologies informed by multidisciplinary technical expertise leading business development for Europe’s leading R&D institute, IMEC.
Since its founding, Bloomlife has been recognized for its revolutionary vision and potential to impact lives globally, most recently receiving innovation awards and grants from Johnson & Johnson, Fast Company World Changing Ideas, Maternal and Child Health Bureau, CTIA, National Science Foundation, and the European Commission.

Hana Janebdar

Juno Bio
Co-founder / CEO

Hana Janebdar is Cofounder and CEO of Juno Bio, a gynaecological health platform forging the standard of care we deserve. Juno Bio is decoding the vaginal microbiome with the world's first DTC vaginal microbiome screening and coaching subscription, providing women with actionable insights and powering up research to close the gender health gap. Before Juno Bio, Hana worked as a Microbiome Scientist and is ex Imperial, UCL and Entrepreneur First.

Dr. Amina Sugimoto

Co-founder / CEO
fermata Inc.

Born in Asia, raised in Africa and educated in Europe: Amina comes from a very diverse and multicultural background, and her mission is in bringing about a paradigm shift in healthcare by promoting better access to healthtech across the globe. She obtained a Doctor of Public Health Degree in Health Economics at the London School of Hygiene and Tropical Medicine and later moved back to Japan to assist the World Dementia Council in association with the Health and Global Policy institute. In 2017, she then joined a social impact-focused VC, Mistletoe Fund, based in Tokyo/Singapore, as their Healthcare Innovation Producer. Her specialisation is in health policy, Pharmaceutical Affairs laws and healthtech startup support. In 2019, she launched fermata, Inc., which now has become a leading FemTech ecosystem in Japan and Asia.

Panel discussion

ヘルスケアデータとセキュリティ 〜米・Afero社から学ぶ〜

これまで重視されてこなかった女性のヘルスケアデータは、フェムテック市場の盛り上がりに呼応して、収集と分析を求める声が大きくなっています。しかし、その際に無視できないのがセキュリティの問題です。
フェムテック市場に参入する上で、事業者が注意しておくべきポイントは?取り扱いには、どんなリスクがあるのでしょうか? Googleの元幹部でAndroidの開発責任者も務めたJoe Britt氏が、共同創業者の松村慎一郎氏と共に2014年に起業した、IoT向けのクラウドサービスを提供する米国企業「Afero」の取り組みを通じて学びます。

Joe Britt

Afero
Co-founder / CEO

Joe is an experienced Silicon Valley entrepreneur who founded Afero to re-think the way Internet of Things products and solutions are developed: by hiding complexity, Afero lets developers and users focus on their data. Joe also founded Danger Research in 1999 with co-founders Andy Rubin and Matt Hershenson. At Danger, Joe led the design of the hiptop smartphone (sold in the US as the T-Mobile Sidekick). Danger was purchased by Microsoft in 2008 for $500MM.
Before Danger, Joe joined WebTV as its first employee, where he developed the OS used in the WebTV set-top box platform, which was licensed by Sony, Philips, and others. His career began 25 years ago at Apple, and has also included senior engineering roles at 3DO and Catapult Entertainment. Just prior to founding Afero, Joe spent several years at Google working on Android.

Amy Jo Beckley

Proov
Founder / Inventor

Amy Beckley, Founder and Inventor of Proov. I have a PhD in Pharmacology and my personal battle with infertility and recurrent miscarriage inspired me to create a better way to detect problems with ovulation, which is the leading cause of infertility. Our core technology is a simple urine test that can identify ovulation issues and lead to non-invasive fertility treatment, thus increasing access to fertility care for many couples worldwide.

Eric Dy, PhD

Bloomlife (ブルームライフ) Co-founder / CEO

Eric Dy, PhD is co-founder and CEO of Bloomlife, a women’s health company designing remote prenatal care solutions to improve the health of women and babies.
Eric brings unique perspective on the opportunities and challenges in emerging healthcare technologies informed by multidisciplinary technical expertise leading business development for Europe’s leading R&D institute, IMEC.
Since its founding, Bloomlife has been recognized for its revolutionary vision and potential to impact lives globally, most recently receiving innovation awards and grants from Johnson & Johnson, Fast Company World Changing Ideas, Maternal and Child Health Bureau, CTIA, National Science Foundation, and the European Commission.

Panel discussion

フェムテックの専門家が紐解く 2022年の最新動向

すさまじいスピードで成長、変化するフェムテック市場の最新動向をご紹介します。昨年に続いて登場するのは、フェムテック産業に特化したVCファーム「Femtech Focus」のファウンダー、Dr. Brittany Barreto氏。市場規模や投資額はもちろん、今アツいジャンル、次に来るジャンルなど、多角的にご紹介します。fermataが注目する国内外のフェムテック企業によるピッチコーナーもご用意しました。

Dr. Brittany Barreto

Founding Partner at Coyote Venture / Co-Founder at Femtech Focus

Every day Dr. Barreto dedicates her work to advancing women’s health by equipping founders, investing in ideas, & engaging key stakeholders to create better healthcare for women. While finishing her doctorate in Genetics, she founded a venture-backed startup, Pheramor, the world's first DNA-based dating app that incorporated sexual compatibility & fertility between matches. Dr. Barreto shifted into investments as Senior Venture Associate & launched Capital Factory's Gulf Coast branch. Dr. Barreto noticed how underserved the FemTech industry was & set out to bring awareness, resources, & capital to it via her new organization, FemTech Focus. Today she hosts the #1 FemTech podcast, produces data-driven industry reports, co-founded the 6th femtech fund, is recognized globally as a women's health leader, and is a highly sought-after speaker & industry consultant.

Juntarou Morita

nopole Inc CEO

15歳からYouTubeでの発信活動を開始。
トランスジェンダー(Ftm)として生まれ、18歳で男性として生きるための治療を始める。
自身の身体をコンプレックスに感じ、パートナーとのセックスに悩む原体験から身体的に女性同士のカップルのためのセックストイブランド「nopole」を創業し、第一弾アイテム「nopole ZERO」は760名から850万円以上の支援を達成。

Ivonne Altamirano

Inne Chief Operating Officer

I'm COO at inne and joined the company in August 2018 with a background in Business Operations and strategy implementation mainly in the non-profit sector. I’ve always felt very passionate about causes geared towards equality across sectors and genders. At inne, I get to fulfil that passion by levelling the health field for other women who want just to understand how their bodies are changing throughout not just their cycles, but their different life stages. What usually keeps me busy and motivated is ensuring that our team and processes enable us to achieve our mission.

Panel discussion

日本企業が挑戦する意義、活かせる強みとは何か? 〜大企業の挑戦を知る〜

世界でたくさんのプレイヤーが群雄割拠するなか、日本企業がこの市場に参入する意義や強みを、いま改めて確認するセッションです。ゲストとして、様々な障壁を乗り越えて事業を具体的に実現させた企業のご担当者さまをお呼びし、そのご経験から得られた気づきを教えていただきます。

Shu Nishikori

POLA ORBIS HOLDINGS INC.
Lead

2016年、ポーラ化成工業株式会社に入社。運動や筋肉と肌の関連性に関する研究などに従事。
2021年、株式会社ポーラ・オルビスホールディングスに出向。化粧品の枠を越えた新価値創出を目指し、研究所の技術や知見を活かした新規事業開発に従事。担当する2つのプロジェクトを経済産業省フェムテック実証事業として推進・奮闘中。

Ai Kawaguchi

NewsPicks, inc.
NewsPicks for WE, Editor in chief

昭和女子大学大学院文学研究科修士課程修了。
小学館クリエイティブ、ハフポスト日本版パートナースタジオ チーフ・クリエイティブ・ディレクター等を経て現職。スポンサードコンテンツ制作、メディアビジネス領域に従事。映画・海外ドラマや英米文学に関するコラム等を新聞、雑誌、Web等で執筆。
TBSラジオ放送番組審議会委員。

Panel discussion

フェムテック起業家&fermat「Femtech Fes! 2022」の楽しみ方

世界各国から200近いフェムテックプロダクトが集まる唯一無二の本イベントの楽しみ方を、主催のfermataチーム&新進気鋭のフェムテック起業家と一緒にお話します!オススメの回る順番は?立ち寄るとお得なスポットは?どういう目線でプロダクトを選んだの?などなど、ここでしか聞けない必見トークをお見逃しなく!会場を回る前でも後でも、気軽にお立ち寄りください。

fermata

Panel discussion

「家族になる」ってなんだろう? -私たちが創り出す多様な選択肢

生殖医療の進歩や価値観の変容により、子どもを持つ選択肢は少しずつ増えてきています。しかし「家族になる」選択肢が本当の意味で多様になるには、夫婦別姓や同性婚の議論からも明らかなように、まだたくさんの壁が存在します。今回はアメリカで不妊治療をはじめとした家族にまつわるコンサルテーションサービスを提供する「ドナーコンシェルジュ」と、日本国内で家族の選択肢を模索するすてきなゲストをお招きし、より良い未来を私たちの手で創り出していくために、今、なにが出来るのかを探ります。

Gloria Li

Donor Concierge
Executive Director

Gloria is responsible for the management of Donor Concierge, overseeing all aspects of the company. Gloria has worked in the fertility field since 2013 and is an expert on egg donation, gestational surrogacy and fertility care management. Her vision and passion for the mission and her attention to detail has set a high mark in our commitment to excellence and her leadership have helped Donor Concierge rise to become the premier resource for intended parents from all over the world.

Originally from mainland China, Gloria speaks fluent Mandarin and English. She has a bachelor's degree in Applied Math and Computer Science and is married with three young children.

Shiori Nishi

SUTELURA INC.
Founder / CEO

1991年大阪府出身。関西学院大学文学部卒業。
新卒で証券会社に入社しリテール営業を経験した後、IT企業に転向しEC運営や事業開発に従事。27歳の時に卵子凍結をした経験から、2019年にフェムテックカンパニーである株式会社ステルラを設立。自宅での妊活をサポートする定期便サービス「Myera(マイラ)」や、妊活クリニック検索サイト「婦人科ラボ」の運営を行い、女性のライフデザインを支援している。

Panel discussion

PMSと私たちのベターな関係

月経前に現れる「むくみ」や「イライラ」。近年、生理のタブーが少しずつ解きほぐされるにつれ、この自覚症状がPMS(月経前症候群)と呼ばれることは、多くの人に知られることになりました。

しかし、PMSがなぜ起きるのか?や、実際にみんながどのように対処しているのか、また、どのように対処したらもっとラクになるのかについては、いまだに語られる機会が多くありません。

私たちと同じように、仕事にプライベートにめまぐるしい日々を送るクリエイティブディレクターの辻愛沙子さんと、たくさんの女性のモヤモヤを受け止めてきた産婦人科専門医 尾西芳子先生と共に、「PMSと私たちの、今よりもうちょっとベターな関係」を探ります。なお本セッションは、PMSの悩みをもつ女性たちをサポートする情報サイト、「PMSラボ」を運営する「大塚製薬」をパートナーとしてお迎えしています。

TSUJI ASAKO

arca inc CEO

a cross-border creator who works in any field from advertising to product production based on the two pillars of "creation with an ideology and social issues" and "creating works that focus on the worldview".
In the spring of 2019, launched the "Ladyknows" project, which focuses on women's empowerment and healthcare.
Additionally appearing regularly as a partner 《news zero》 on Wednesdays from the fall of 2019.
Taking on the challenge of approaching social issues from the perspective both of creator and influencer.

Yoshiko Onishi

EXTENTION CO,LTD.
doctor

女性のヘルスケアを専門とし、都内クリニック院長を歴任。現在は二人の子どもを育てながら都内クリニックにて勤務中。すべての女性のかかりつけ医でありたいとの思いで診察を行い、わかりやすい解説で雑誌、テレビのコメンテーター、ドラマの医療監修などとしても活躍中。

大塚製薬

Session Partner

Panel discussion

40代からの女性の体とデリケートゾーンケア

40代に入り、これまで気にならなかった肌や体の変化に気づいたという方は多いのではないでしょうか。たくさんの女性と向き合い続ける2人のプロフェッショナルの対話を通じて、女性の体内で起きるホルモンの変動と体調への影響を正しく理解していただくセッションです。セッションを通じて、ゆらぎや不調を乗り越えるヒントを持ち帰っていただき、デリケートゾーンケアをはじめとした、自分自身のウェルネスのためのセルフケアを続けるきっかけとなればと思います。なお本セッションは、ゆらぎがちな大人女性のためのセルフケアブランド「est're」をパートナーとしてお迎えしています。

Megumi Kanzaki

beautician

1975年生まれ。美容家。 美容誌をはじめ、多くの雑誌で連載を持つ他、企業のタイアップやイベントの出演も多数。 また、コスメブランドのアドバイザー、アパレルブランドとの商品開発など活動の幅を広げている。
3人の息子をもつ母として、日々の暮らしや美容情報満載のInstagramはフォロワー数60万人超え。
現在は神崎美容塾の塾長として、後進の育成にも尽力している。
書籍も数多く執筆し、著書累計発行部数は153万部を突破。最新刊「神崎メソッド」(講談社)も話題に。

Remi Yoshikata

Medical Docter

医学博士 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 医療法人社団ミッドタウンクリニック特別顧問(女性医療研究主幹) 医療法人社団進興会特別顧問 浜松町ハマサイトクリニック婦人科医師 東京女子医科大学病院 産科婦人科 非常勤講師 東京女子医科大学医学部卒業。産婦人科臨床医として医療の最前線に立ち、婦人科腫瘍手術等を手掛ける傍ら、女性医療・更年期医療の様々な臨床研究にも数多く携わる。女性予防医療を広めたいという思いから、2010 年より浜松町ハマサイトクリニックに院長として着任。現在は同院婦人科専門医として診療のほか、予防医療研究に従事。更年期、妊活、生理不順など、ゆらぎやすい女性の身体のホルモンマネジメントを得意とする。40 代以降の女性の健康の鍵を握る成分「エクオール」においては、その臨床研究をリードしており、女性医療・更年期医療に注力している。22年7月『40代から始めよう!閉経マネジメント』(講談社刊)を上梓。

アドバンスト・メディカル・ケア

Session Partner

Panel discussion

フェムテック起業家&fermataが語る! 「Femtech Fes! 2022」の楽しみ方

世界各国から200近いフェムテックプロダクトが集まる唯一無二の本イベントの楽しみ方を、主催のfermataチーム&新進気鋭のフェムテック起業家と一緒にお話します!オススメの回る順番は?立ち寄るとお得なスポットは?どういう目線でプロダクトを選んだの?などなど、ここでしか聞けない必見トークをお見逃しなく!会場を回る前でも後でも、気軽にお立ち寄りください。

fermata

Panel discussion

組織を率いるプロフェッショナルとメンタルヘルス- 更年期、その先へ

女性が生涯を通じて社会への影響力を発する上で、避けては通れないのが、ホルモンバランスとの付き合い方。特に責任者、管理職としてキャリアの成熟を迎える世代が直面するのが更年期前後の心身の変化です。今回はその中でも特に、様々なストレスや症状の影響を受けやすい「メンタルヘルス」に注目し、女子バレー日本代表の監督としてチームを率いた中田久美さんと、クリニック院長として多くの女性をサポートする海老根真由美先生からお話を伺います。

Mayumi Ebine

白金高輪海老根ウィメンズクリニック院長

埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター母体大丈夫部門で講師及び病棟医長を務めていました。1997年から厚生労働省の班研究に参加してから、産後うつの診療を開始しており、2013年より白金高輪海老根ウィメンズクリニック院長としてメンタルケアに従事している。

Kumi Nakada

14歳でバレーを始め、15歳1カ月の史上最年少で日本代表選出。
チームの司令塔として3度の五輪出場を果たす。
1984年ロサンゼルス五輪では銅メダル獲得。
2008年、伊セリエA1部リーグのコーチ就任。
2012年に帰国後、国内で監督に就任。
初年度、史上初5冠達成。
2016年10月から、全日本女子代表監督に就任。
2021年東京五輪で指揮を取る。

Panel discussion

エンターテイナーと生理

いつも私たちを楽しませ勇気づけてくれるエンターテイナー。つい忘れてしまいそうになりますが、生理にまつわるモヤモヤは私たちと同じ。アーティスト、アイドル、タレント…ステージで人前に立つプロフェッショナルとして気をつけていたことや、「ならでは」のお悩み、あの時にこんなフェムテックがあればよかったのに!など、最前線で活躍するお二人にお話していただきます。

Chiaki Ito

タレント

Instagramフォロワー60万人を誇り、美容・ファッションに関する豊富な知識で同世代の女性か らの支持も高い。
キュートなルックスを保ちつつ、一児の母として、大人な一面を見せることも。 2018年9月にソロとしてアーティスト活動を本格始動。 2021年6月にミニアルバム『sheer』発売。 また、同年7月~9月に初のZeppツアー『ChiakiIto Zepp Tour 2021 -sheer heart-』全国4都 市8公演を成功させた。2019年11月~2022年8月までライフスタイルブランド「KIKI AND DAYS」のブランドディレクションを担当。フェムケアニーズに寄り添った新たな展開に向けてブランド活動を休止中。

女性のライフステージにおける様々な課題を解決できる製品やサービス(=Femtech)に関する知識を学び、2022年3月に「フェムテック協会認定資格2級(認定フェムテックエキスパート)」を取得。
現在はVOCEwebにて「伊藤千晃のフェムテック通信」の連載も行なっている。

2022年9月~10月にかけて、自身の公式アプリ「CHIAPP」の開設1周年を記念して、全国4ヶ所(東/名/阪/福)でのトークショーを開催中。

オフィシャルサイト
VOCE web連載

Natsumi Takenaka

Choreographer

日本女子体育大学ダンス学科卒業後、2009年に振付師としてデビュー。その後、様々なアーティスト、広告、番組にて振付を担当。コメンテーターとして番組出演、書籍も出版している。最新著書は「アイドル保健体育」。